FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

博徒というのは「まれびと」だったのかもしれないな - 2006.02.21(日記)

はる 1709
 ばくちがなぜいけないのか。これを論理的に説明できるやつはいるのかなぁ?

 勧善懲悪の芝居や物語では悪人は大体が悪徳商人か金貸しや渡世人と相場が決まっている。まぁ銀行にしても、ていのいい金貸しでね、あの慇懃無礼な態度をみるといつも腹がたつのだけれど、社会の通例では銀行はきれいな仕事ということになっている。

 宝くじやトトカルチョはどこの世界でも古今東西盛んでね、江戸時代の話で富くじの古典落語があったな。濡れ手にあわの一獲千金の夢は貧しい庶民の夢でもあったわけだ。

 額に汗して働く農耕民族の血が、そういったあぶく銭をよこしまな銭としたのかもしれない。

 博徒というのは「まれびと」だったのかもしれないな。定住しない、香具師やテキヤ、山師、踊り子、そういった流れ者だったのだろうか。今を面白おかしく生きているそういった集団を、定住者は秩序を乱すものとして嫌ったのかもしれない。またそうしないと勤勉に働くものが馬鹿をみるということになってしまうからからかな。


 そういや「あそびにん」と「あそびべ」と似てるではないか。


 何だか、何時の間にか擁護してるな。どないなってんねん!



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて