FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

2016阪急個展報告 - 2016.06.23(写真)
13537626_576668659178113_1669443135260373153_n.jpg

13533005_576667965844849_4983016177211155305_n.jpg

13502126_576667882511524_2281014048197578026_n.jpg

13501793_576667392511573_612910332716315932_n.jpg

13501602_576667922511520_4711747728624437461_n.jpg

13466344_576668062511506_7084386788794750135_n.jpg

はる 5543
 こんな個展を繰り返している。好き勝手な絵を描いて、何か考えているふりしてしゃべって誤魔化している。私なんかが偉そうにこんなところで個展やっておまけに買ってもらったりしている。ただただ好きな事やっているだけなんだけど、何だかちらっと後ろめたい。まぁしかし、そんなに儲けるわけでもないから、やっと生きているだけのお布施を貰っているだけだから許してもらえるのだろうかね。

 だんだん絵が分かりやすくなっている。と言われるのだけれど、自分ではあまり感じないな。昔から変わらんように思うのだけれど、そうなんだろうか。しかしまぁ、昔は何を描いていいのか本当に分からなかった。でたらめに筆を動かしていただけで、雰囲気だけで絵を作っていたように思うな。今もそこのところはあまり変わらんと思うのだけど。

 小品など本当に描けんかったな。ゼロ号やSMみたいなものは本当に難しい。適当にスケッチすれいいと思っているなら大きな勘違い。いつまでたってもスケッチから抜け切れない。自分の作品にするには命賭けて10年はかかるな。

 「才能は関係ない覚悟ができているかどうかだ」そんなことどこかで聞いた。そう思うな。

 ある作家の言葉「私はこう読んで欲しいとは願わない。ページを繰る内に読み手の人生とつながり合う瞬間があれば、それこそが書き手にとっての幸福だ」これってこの間言っていたことそのままだな。


comment(2)

 
 
 才能のある人はすぐに結果を求めます。でも結果は目的ではない気がしますな。結果は付いてくるものでしょう。日々淡々と生きる事だけですね。

 
「自分の作品にするには命賭けて10年はかかる」。この10年を耐えるために必要なものは、「才能」ではなく「覚悟」だけなのだと思います。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (238)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (58)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて