FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

エコールド・パリ共同アトリエ「洗濯船」 - 2006.02.20(日記)

洗濯船2

 19世紀末パリ・共同アトリエ「洗濯船」

はる 1708
 一日雨でした。最近展覧会が続いて、ほとんど家にいません。何だか忙しく活動しています。絵描きとしては良くありませんな。問題意識が途切れてしまった。

 100号と130号2点同時進行で地塗りをしているところ。この作品は、今年の年末から来年にかけて発表する予定の作品です。だから何となく切実感にかけるし、切羽詰ってもいない。いいのか悪いのか、私は一年くらい前に準備を始める。だから個展前には完全に終わってしまっているんだな。

 反対に昨年はほとんど直前まで仕事が終わっていなくて焦りまくった。人には自分の持ち時間というのがあるような気がする。

 閑話休題

 仕事をやめて今流行りのトレーダーで食べている同級生がいる。午前中の何時間かをパソコンの前で過ごして日銭をかせぐ。まぁ大もうけをたくらまなければ、そこそこ食べて行くぐらいは十分に稼げるそうだ。

 世界中の経済が日々変化して、あらゆる情報をまぁ数学的に研究していないと、こういった仕事はできないそうだ。世界中が連動して動いているからなぁ。そうやって熱弁をふるってそれなりに納得はしたのだけれど・・。今ひとつ頑張れよとはいえないんだな。何がひっかかっているのだろう。

 相場師や投資家や金貸しなど「金が金を生む」仕事というのは昔からある。資本主義経済というのは一握りの資本家と大多数の労働者から成り立っているといわれれば、事実そうなんだ。

 資本家がこれだと思うベンチャー起業に投資する。まぁそれで外れることも有るけれど,当たれば大もうけするわけだ。そうやってアメリカのベンチャー企業は大きくなってきたんだな。それが悪いとは言えないのだけれどねぇ、なぜか釈然としないのだ。

 プロの博打打ちがいるとする。なぜばくちで食べちゃいけないのかな。なぜマネーゲームで稼いじゃいけないのかな。分からんな。ホリエモンが何故あんなにバッシングされるのか、法に触れなきゃいいのかな。これもわからん。また考えてみたい。んじゃ。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (285)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて