FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2016.06.05(ポケットの窓から)

はる 5535
 久しぶりに美術館の企画をみた「ミケランジェロ展」 日曜日ということもあってけっこう混んでいた。さて内容はといえばやはり思ってた通り「羊頭狗肉」だな。どんなに素晴らしい作品が来ているのかと大いに期待したのだが、やっぱり何も来てなかった。入ってすぐにミケランジェロ最後の「ピエタ」があったので、へぇピエタが来たのかこれを観るだけでも来たかいがあったと思ったのだけれど、やっぱり本物ではなかった。石膏のレプリカをあんな展覧会に飾って恥ずかしくないか?それをお金を払って観る人は気の毒だ。レプリカと気付いた人は何人いただろう?

 常設の最後の部屋に私の「平均律」があった。なんだか嬉しかったな。

comment(2)

 
 
 観に行ってくれたんですね。どうもありがとうございます。ミレーの美術館でどこまでゆくのでしょうか。もう少し県内の動向を知りたいですね。

 
「平均律」、拝見しました。ここから歩みを続けて、今の厚みのある絵画空間にたどり着いたことがよくわかります。さて、ここから更にどこまで進むのか。楽しみにしております。御元気で。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて