FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2016.04.26(ポケットの窓から)
はる 5495
 公募展の審査が有ったり、展示の準備があっり、自分たちの小さなグループ展があったりして、東京に行ったり来たりしている。まぁいつもこの時期はそんなことで右往左往して疲れてしまう。

 このところ自分の個展が忙しいということもあるし、こういった団体展の存在意義にやや懐疑的なところもあって、団体展はそろそろ卒業かなと自分の中では意識がやや遠ざかっていた。団体展は正直実力だけで何とかなるものではなく、徒党が大きくものを言うところがあってガッカリすることも多かった。

 しかし、今回真面目に審査に出席して、思ったことはまぁそういった諸々のことを含めても全体として案外健全に機能しているのかなということだ。会の会風にもよるのだろうけれど、私の属している会の会風は「何でもアリの、祝祭風」だな。綺麗な具象画などほとんどなくてね。これがなかなか面白い。

 もう少し書こうとおもったが、今日は疲れたのでまた明日だな。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (238)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (58)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて