FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2016.02.17(ポケットの窓から)
はる 5436
 神戸市と東京都だけ小学校で図画の専任教師が採用されたらしい。今はどうなのか知らない。確かに私が小学生だった頃は図画の専門の先生がいた。同じ教師でありながら、図画の先生は特別な雰囲気があった。そうだな、私にとっては一種の憧れの対象でもあったな。他の先生の名前など忘れてしまったけれど、図画の先生だけ未だに覚えている、それだけ特別な存在だったのだろう。

 担任の先生が分からなくても図画の先生が分かってくれたというだけで天にも昇る気がした。他のクラスが何をしたか、その情報が入ってくるともう居ても立っても居られない状態で、自分ならこうする、ああするとプランを立てて図画の時間が待ち遠しく手仕方がなかった。あんなにたのしみにした授業は他にはない。それ故に専科の先生が転校して不在になると一気にやる気をなくしたのを覚えている。

 ただし、絵がそんなに得意だったわけじゃない。だから今の仕事と直接関係があるとはあまり思えないな。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて