あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

FC2 ブログランキング
            
ブログ村 美術ブログランキング

祝6000カウントプレゼント裸婦クロッキーを3点選んで送ります。ご希望者はメールホームに、お名前、ご住所をご記入の上お送りください。メールホーム

- 2016.02.15(未分類)


はる 5433
 絵のスタイルなどもそうだけれど、最初は誰かの真似をするわけだ。それはまぁ古今東西の名画だったり、まぁ近場の先生だったりする。そうやって真似してどんどん消化して行くわけだ。自分に合ったものは残るし、合わないものはいつの間にか捨てられる。結局決めるのは自分自身で、強制されたものではない。それが徒弟制度などの職人とは大きく違うところだろう。

 勉強して真似して自分の物にしてゆく、そうやって積み上げて行く、学習して行くというスタイルはとても真面目で堅実で分かりやすい。けれどその形を続けていてもどうなんだろう、その延長上に本質があるのだろうか、スタイルの洗練はあるかもしれないが、より大きなものには近づけないような気がする。どこかで飛躍する必要があるな。一旦そういった真面目なこつこつを捨てて、安全な立場を捨てて飛びこまなきゃ分からない境地というのがあるのじゃなかろうか。

 そこに芸術の醍醐味がある。地獄もある。



comment(2)

 
 
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ、とは言い得て妙です。

 
地獄に落ちなきゃ、醍醐味は味わえない。苦しみにのたうち回る事こそが法悦境なんでしょう。

secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3335)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (142)
作品 (116)
写真 (42)
今日のアトリエ (77)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (13)
you tube (95)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて