FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2016.02.09(ポケットの窓から)
はる 5428
 例えば大学ならば建学の精神などというものがあって、まぁ理想を高く掲げているものだ。どんな三,四流の大学であっても、ここは学問よりお金を稼ぐことを最大限の目標にしますなどとは言わないだろう、たぶん。商学部だといっても大学は学問の府であるわけだから、商売を教えるところではないはずだ。しかし、このところの大学への締め付けは産学協同などと言いながら明らかに儲ける学問を奨励しているように思えてしかたない。

 大学などというところは、例え私学であったとしても利益の出るものではなく、反対に如何に社会に無益なものでも、正々堂々と命を懸けて守るべき処であると思う。時の権力に反するものであったとしても、それを命がけで守るのが大学の学問の府としての矜持ではないか。そういうことがなし崩し的にどうでもいいようになってしまっているのが残念でならない。

 国というのも哲人政治みたいなものが理想じゃないかな、調べたことはないのだけれど、最近の政治状況を眺めているとどう考えても世界にこれが我々の国を代表する人たちですと恥ずかしくて言えないのだな。嘘つきだし。政治家などというのは有象無象の化け者がやるもんだと言われれば、そうですかと降りるんですが、情けなくて放っておけない状態になってきた。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (285)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて