あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

FC2 ブログランキング
            
ブログ村 美術ブログランキング

祝6000カウントプレゼント裸婦クロッキーを3点選んで送ります。ご希望者はメールホームに、お名前、ご住所をご記入の上お送りください。メールホーム

今日のアトリエ - 2016.01.31(ポケットの窓から)

はる 5419
 三十になった時にこれからは就職しないで生きて行こうと決めた。たとえ不定期な臨時採用の仕事をやらざるを得なくなったとしても、けっして定職にはつかないでおこうと心の中で決めた。幸いに非常勤の高校の美術の講師の口があって今でも週に昼間は一回、夜は二回行っている。パートタイムの仕事としてはかなり効率のいい仕事ではあるだろうな。でもまぁそんなものはけっして生業にはならない。

 絵で食べるというけれど、これはけっこう誤解がある気がする。だれでもそうだと思うのだが、みんなギリギリの生活をしている。養殖の魚は生けすにあった大きさにしか成長しないそうだ。それは自分の生活にも言えるのじゃないかな、みんな自分の器量にあった生活をしている。年収100万なら100万の生活をしている。たとえ1000万あったとしても生活の質は変わるかもしれないが、気持ちはほとんど変わらないのじゃないだろうか。やったことがないので分かりませんが。。

 大事なのは人と比べないことだろうな。同じようにはできない。そう居直ってしまうと貧乏も全く苦にはならない。そういうもんだ。一生細々と絵を描いて生きて行ければそれでいいじゃないの。必要以上に蓄える必要もないし、誰かがこうだから自分もそうしようとか、大きな権威とか地位とか名誉もいらない。そして働けなくなれば静かに横たわっていよう。いずれはみんなあちらに行ってしまうのだから、何も怖くない。


comment(2)

 
 
 何だかね、もう一花咲かせたい気もあるんです。老い花か・・

 
「いずれはみんなあちらに行ってしまうのだから、何も怖くない。」同感です。生涯一画家、生涯一書生。自分の好きな事に力を尽くして、死んでいく。これが、今の僕の願いです。

secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3334)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (142)
作品 (116)
写真 (42)
今日のアトリエ (77)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (13)
you tube (95)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて