あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2016.01.10(ポケットの窓から)
はる 5398
 タイトルをずっと考えていた。何だろう?これを描こうと思ったきっかけを考える。相変わらず画面を見ながら何か出てくるのを待っていた。ところが何回やっても今までに見えたものしか見えてこない。退屈だ。。切実な問いかけがない。もっと大切なメッセージを一つの絵に込めたい。たとえそれが徒労に終わろうと、切実な気持ちは伝わるだろう。

 一つは原発のことがある。こんなことを許していいのか。あれだけの事故をおこしておきながら、一人の逮捕者もでていない。だれもその責任を問われない社会のシステムというのは可笑しいのではないか。確かに電気を止められると生活は出来ないのだけれど、その問題と事故を起こした会社が政府がのうのうと現状維持で未だにのさばっているというのは明らかにおかしい。

 「天知る、地知る、我知る」 よくないことは隠してもいずれ漏れて分かってしまう。「天網恢恢疎にして漏らさず」そうあって欲しいという願望もふまえて。



comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3367)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (129)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて