あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2016.01.07(ポケットの窓から)
はる 5395
 額入れの続き。

 「日本人はなぜ絵を買わないのか」という記事をよんだ。外国の事は全く知らないので「日本人は」と一般論で言われるとちょっと?なんだけれど、言っていることはまぁそうだなと思った。
http://www1.bbiq.jp/~egapemoh01-21/art21sozo/artmuseum-q-a87-ewokawanai.html

 教養として絵を観る、鑑賞するという習慣はあるけれど、街の画廊に出かけて好きな絵を買って飾って楽しむという習慣はないな。そこにあるのは文明開化の頃から劣等感の裏返しではないかな。文化というものは上から教えていただくもの、優れたものを理解する、身につけることが教養人としてのたしなみであるといった、間違った教育のなせる結果かもしれんな。あくまでお上から、権威のあるものからのお墨付きを頂いたものだけを受け入れるというようなところがあるな。自分で考えて判断するという教育をされてこなかった。これはありとあらゆるところで垣間見える。

 教育は最終的に「個人を目覚めさせる」ことにあるわけで、教えられることは限られている。教育期間を過ぎた人間が自ら問題を見つけて考えてゆく、そんなところが最終目標だろう。なんでもなかんでもただ教えてもらうだけでいい、それが教育だというなら軍隊の訓練みたいなものだ。国がまだ未熟で発展途上であるなら、最大多数の人間を一定の水準に教育しようとするならそういった訓練が有効だけれど、今の日本はそういう時期は過ぎてしまった。

 お上のいう事を鵜呑みする人が多い方が上に立つ人間はやりやすいわけだ。今の日本はいまだに自立した人格を「一番大事なこと」とはされていないようだ。原発の問題も、そんなところか解決できないでいる。とても悲しい話だ。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3367)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて