あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2015.11.28(ポケットの窓から)
はる 5355
 還暦を迎えた時に車を真赤にした。だから今年で三年目になる。この前の車は4wdのでかい車に乗っていた。この車だと多少の段差などもろともせず、乗り越えていった。車止めなど簡単に乗り越えた。しかし、普通の乗用車になって驚いたのは車止めに車の底が当たってしまう事だ。なんでだ。車止めの役目がないではないか。

 というわけで、散々底を擦ってやっと最近注意するようになったと思ったら、今度はバンパーの横の部分をぶつけてへこましてしまった。ぶつけた時はバンパーも車体から外れて半分落ちかけていた。写真を撮っておくべきだったな。もう交換しか手はないかなと思ったんだけれど、ネットで調べると10万ぐらいかかりそうだ。バンパーの部分は底の部分もかなりこすっているから、この際交換するかとも考えたのだけれど、だめもとで自分で何とか修理できないか、これまたネットで調べてみた。

 へこみは5mm以上ある。普通のうす塗パテでは埋まりそうにない。かなりの厚塗りのパテである必要がある。ネットで観たところ自分で出来そうな気がする。やってみるだけの価値がありそうだ。失敗しても元々だし、誰にも迷惑をかけない。DIY魂に火がついた。

 まずはへこんだ部分の塗装を落とす。少しオーバー気味に丸く落とした。下地の強化プラスチックの部分まで落とす。それにパテをこれも少し盛り上げる感じで塗りつけた。ここでパテの説明書を見ると何と鉄以外には使えないと書いてあった。もう後にはひけない。剥落したらまたその時に考えよう。もっと前にしっかり説明書を見るべきだった。ガ~ン。

 水やすりでとぎ出した。今のところ剥落していないけれど、どうなんだろう。明日は塗装に入るけれどだめかもしれんな。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3368)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて