あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2015.10.16(ポケットの窓から)

はる 5212
 この間神戸の実家に帰った時に、おふくろと同居していた姉貴からこんな話を聞いた。おふくろが貰っていた年金が払いすぎていたので、戻してほしいと言ってきたらしい。おふくろが亡くなってもうすぐ5年になる。何で今更そんなことを言ってくるのだ。貰ったのは姉貴ではなくおふくろだ。おふくろがそれをどう使ったかなど、彼女が知る由もないし、確かにもらったのだろうけれど、貰った本人はもういないんだよ。おかしな話だ。

 何か買って払いすぎたから戻してくれといっても、それがまぁ二三日後と言うならまだ払ってくれるかもしれないが、一年も経ってしまってからあれは払い過ぎだったから戻してくれといっても、雲をつかむようなおとぎ話の様で笑ってしまう。どんな仕事をしているのだといいたい。それにもらった本人はこの世に居ないわけだから、さらに馬鹿げた話だ。

 そんなお役所仕事しかできない組織が、マイナンバーはしっかり管理します、情報は洩れませんなどと言って誰が信用できるのだ。大体この国の官僚、お役所は信用できん。腹が立つこと多し。ぷんぷんだ。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3367)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (129)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて