あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

FC2 ブログランキング
            
ブログ村 美術ブログランキング

祝6000カウントプレゼント裸婦クロッキーを3点選んで送ります。ご希望者はメールホームに、お名前、ご住所をご記入の上お送りください。メールホーム

今日のアトリエ - 2015.09.04(ポケットの窓から)
はる 5170
 自分には才能がなかったのだなと思うことがしばしばある。仮にでも看板あげてここまでやってきたにも関わらずそんなことを感じることがよくある。もう何巡目かしているにもかかわらず形が見えてこない、これだとおもった作品が出来てこないと才能がない、アイディアが枯渇したと何だか焦燥感にさいなまれる。

 これからたくさんの個展をひかえて作品が出来なかったらどうしよう、個人のギャラリーならまだ何とかなるかもしれないが、デパートみたいな大きな場を持っている場合、会場を埋められなかったらどうしよう。売れなかったら迷惑をかけるな、そんな弱気の虫が出てくる。実際には今まで何とかなってきた訳だから、作品が思うように仕上がってこないと不安になるな。

 何かものを観て、スケッチして材料をそろえて組み立てて描くような絵の場合、コンスタントに毎日こつこつとやっていけば自然に深くなって作品も時間と共に仕上がって行くように思える。それは違うよと言われるかもしれないが、まぁ私から見ればそんなふうに感じる。先が読めるように思えるんだ。けっして楽だとは思わないけれど、計画が立てられる。

 私のような描き方は先が全く読めない。出来るときは時間と関係なく、さっとできる。出来ない時はどんなに時間をかけてもできない。全部がだめだと思う時もあるし、ちょっとの事でサーっとよくなる時もある。出来るか出来ないか、好いか悪いかが凄く曖昧で、こんなんでいいのかなぁとすごく不安になる。

 反対にこれはいい!最高だ天才だと思う事も時々ある。そんな時は本当に最高に嬉しい。やっていてよかった、天職だと思うのだけど、それも次の日みるとそうでもなくがっかりすることも多い。還暦過ぎたそこそこキャリアもある爺さん画家でもこんなんだからな。推して知るべし。まぁだけど、もう転職もかなわんしやり通すしかないか。


comment(4)

 
 
 ははは、もうひとひねり「ガラケーの六十路」はどうでしょう。

 
「ガラスの六十路」ではなく、僕には「カラスの六十路」のほうがふさわしいようです。

 
 まぁ好んでやっているような、自傷行為のようなところもありますね。ガラスの十代なら絵になりますが、ガラスの六十路だから絵にはならんね。

 
心の奥深くから何かが浮かび上がってくるのを待つしかないんでしょうね。僕は絵ではなく、文章ですが。

secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3334)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (142)
作品 (116)
写真 (42)
今日のアトリエ (77)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (13)
you tube (95)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて