あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2015.08.13(ポケットの窓から)
はる 5148
 昨日の続き。人間の感覚というのは不思議によくできていると思う。下地に赤を選ぶと自然にそれに合うよな色を選ぶ。ほとんど何も考えずにランダムにコラージュして行くのだが、こうやって見るとそれなりに作品になっている。案外ここらあたりが一番色味は綺麗だと思う。こんな言い方をすると誤解を招くだろうけれど、美術教育など受けていないアールブリットとか子供の絵の方が新鮮で美しいのは無作為の美しさなんだろうな。生涯かけて修業を積んで最終的に元に戻るのかもしれないな。それじゃ進歩がないじゃんというかもしれないが、描いて描いて描いてやがて子供の絵に戻って行くというのが正しい修行のあり方だと思う。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3368)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて