FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

古今東西、大金持ちは金貸しだ。 - 2006.01.18(日記)

はる 1675
 兄弟が多いと、今は知らないけれど、我々の頃はあそぶと言っても、ビー玉やメンコ(べったんと言った)将棋や花札みたいなものしかなかった。

 ビー玉やメンコは、そのものが一種の貨幣であって、たくさん持てばそれだけお金持ちと言うことになる。兄弟や近所のガキにしか通用しない貨幣かもしれないけれど、これは立派なギャンブルだ。

 最初はいくらかのお小遣いで買う。買うことで参加資格を得るみたいなものだ。そのうちに数字の上だけど、兄貴に借りたり、新しく買ったりしながら、だんだんに借金が増えてゆくことになる。(それでどうしたのかは憶えていない)

 うちの兄弟は賭け事が好きだったな。まぁ男というのはすべてにおいて、そういったギャンブラー的なところがあるのかもしれない。あれも一種の才能で、私には全く博才がない。だから嫌いなのかもね。

 ところで、ライブドアのホリエモンさんが地検に事情徴収されたということで、株が暴落したらしい。なんと1500億が一日で消し飛んだということだ。

 正月のテレビで六本木ヒル族のIT長者の話をやっていたけれど、そう、あの鼻息の荒さは昔のバブル長者のイメージと重なった。自分たちが時代を作っているんだという感覚がそういった傲慢さをうむのだろうか。

 このITと株というのが奇妙にマッチする。どちらも仮想上のものであり、人智を超えた増え方をする。一が十、十が百、百が万、万が億といった具合だ。一獲千金、そこのところに人は夢見てだまされるのかもしれない。

 商売として一番堅実なのは、実際に物を作って売っていくのが堅実とはいえる。しかし一番実入りが少なくて、労多くして易が少ない。農業がそれの代名詞かな。

 反対に一番易が多いのは、金が金をうむ金貸しやマネーゲームの株やサンだろう。古今東西大金持ちは金貸しだ。これはやっぱり人間の本性かもしれないな。


 それにしても,予想がぴたりとあたった。

 さてどうなりますか。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4086)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (277)
写真 (99)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (62)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて