あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2015.07.07(ポケットの窓から)
はる 5113
 今日も一日雨だった。梅雨だから仕方ないけど、まぁ結構憂鬱だな。

 ここのところシャカリキになって仕事しているのだけれど、すぐに飽きてしまって何か他の事に気が行ってしまう。元々私は集中力がなく散漫でだらだらと仕事をするタイプ。たぶん他の仕事だったら役には立たないだろう。なんとかやれているのは自分ペースで出来る仕事だからだと思う。

 小品というのはなんだろうな。あくまで自分の作品でありながら、誰かにもらってもらうために描いているわけでそこのところが好きに描いている趣味とは大きく違う。だからと言ってモノ欲しそうになることが一番情けないことで、何ともそこが難しい。

 綺麗な花やべっぴんのお姉さんや外国のきれいな風景を描けば、そりゃ上手く描ければそれなりにお客さんが着くだろうけどね。それに若くて新進気鋭の作家というなら将来に期待してという事もあるだろうから、上手くすれば作家として生きて行けるかもしれんがな。還暦過ぎた爺さんになってしまったから、何だろうこう味というのかそんなもので勝負して行くしかない。

 「この味わい深い」というのが曲者で、これこれという決まりがあるわけではない。例えばここに花があってそれを見たとおりにデッサンしてそこにあるように描けるというのは凄い技術だわな。その圧倒的な技術に対して尊敬の念を持つわけだし、お金を払うわけだ。ところがこの「味わい深い」などという抽象的な、鑑賞者が変われば全く違ってしまうような価値に対して、なかなか人はお金を払おうとは思わない。描いている私自身が何とも判断しかねない物だったりするわけだ。

 いいと言えばいいし、悪いと言えば全くゴミのようなものかもしれないわけだな。そこのところがいつも申し訳ないなぁと思うところだ。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3369)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて