あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

FC2 ブログランキング
            
ブログ村 美術ブログランキング

祝6000カウントプレゼント裸婦クロッキーを3点選んで送ります。ご希望者はメールホームに、お名前、ご住所をご記入の上お送りください。メールホーム

ポケットの窓から - 2015.06.29(ポケットの窓から)

はる 5105
 そういえば、子供の頃バナナなど、ほとんど食ったことがなかった。パイナップルは穴があいているものだと思ったし、キウイフルーツなど聞いたこともなかった。果物であったのは林檎とかみかん、イチゴ、スイカとかまくわ瓜などかな。最近はスーパーなどに行けば本当に色々な果物がある。まぁ何だろう、それだけ世界と貿易している。いい悪いは別にして農産物がどんどん入ってきているということだろう。安いから上手いからと世界中から手当たり次第に輸入しまくれば、自国の農業はつぶれてしまうだろう。これもまた難しい問題だな。農業は一度つぶれてしまうと復活するのは難しいからな。

 何でもそうだけれど補助金や奨励金を出したりして手厚く保護すると、一時は活性化したかに見えるけれどその実確実にどこかがおかしくなる。あの昔バブルが華々しかった頃、色んなところにお金をばらまいて施設を作ったり、開発したりしたものはほとんど今は生き残っていない。農業に補助金を出すのは良く考えないと、つぶれてしまうな。特に公が手を出すと大体がおかしくなる。

 我々は曲がりなりにもお上がやることには一理も二理もあって、まして私事でやっているはずがないと思い込まされているところがないか?だから「これは絶対に安全だ」と言われれば「そうなんだ」と暗示にかかってしまう。為政者はそれをいいことに好き勝手に利用していないか。

 車の車検制度や税金もおかしい。ほとんど疑いなくそういうもんだと思っていた。万国共通のルールだと勘違いしていた。しかし、どうもちがうようだ。日本の場合古い車はどんどん税金が高くなる。だからある程度古くなったら買い替える方が利口だという事になって、新車が売れるわけだ。けれどドイツなどは30年以上たった車は工業文化遺産として税金が安くなる、反対に日本は高くなるだからどんどん古いものを壊して新しいものを購入するというシステムになってしまうわけだ。これって官民結託して物を売りつけていないか。

 眠いので寝る。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3334)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (142)
作品 (116)
写真 (42)
今日のアトリエ (77)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (13)
you tube (95)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて