FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2015.06.20(ポケットの窓から)
はる 5096
 昔公募展に出品し始めた頃、出品するまでは意気揚々とはしているのだが、審査の日が近づくごとに段々意気消沈して、審査の日が過ぎると落胆に替わる。そんな日々を繰り返していたことを思い出した。コンクールなども同じで新聞の発表というのであれば、早起きして新聞を買いに行ったりした。大体が入選どまりで受賞することなど稀にしかなかったのだけれどね。

 今から考えるとコンクールなどほとんど関係ないように思うな。むろんすごく恵まれた環境でそれが世の中にデビューするきっかけになった人も若干いるにはいるけれど、どんなにその時に注目されたとしてもほとんどの者が跡形もなく消えてしまう運命にある。

 最近も一千万以上の賞金で注目を集めるコンクールの発表があったけれど、大賞取った人には申し訳ないけれど、それは作品の良し悪しとは関係がないのだよ、宝くじに当たったようなものだからパッと使ってしまった方がいいと思う。そのことで人生を見誤ることの方が多いのじゃないだろうか。

 まぁちょっとひがみも入っているかもしれんな。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

 
 
ははは、ちょっとひがみが入ってますな。

 
同感同感。あなたがそうおっしゃるとうれしくなります。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4086)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (277)
写真 (99)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて