あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

張り子の馬 - 2015.05.20(画集「こたえてください」1)


張り子の馬
1978
F50

はる 5067
 そうか何回も出てきたけれどこれについてのコメントは書いてなかったようだ。というわけでこれからしばらく今度の個展に出す作品について暇に任せて書いてゆこうかと思う。途中で嫌になれば止めます。あしからず。

 この絵からは、 明らかにセザンヌのお影響が感じられますね。この頃はわりとブルーが好きでコバルトブルーからウルトラマリンの絵の具を使うことが多かった。最近は意識して赤い絵の具を使うことが多くなったけれど、あれはいつ頃からなのかね。赤い絵は難しいとその頃は思っていた。特に血のような赤は当時は描けなかったな。グロテスクにならないように、品よく使うのはある程度年を食わなきゃ難しいのかもしれない。

 青い絵というのはサービス精神が旺盛であるように思う。青さえ塗っておけばほとんどの場合何とかなる。まちがっても嫌われることがない。誰からも好かれる節操がない。八方美人。

 今日はちょっと疲れたのでまた。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3368)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて