あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

国展 - 2015.05.13(ポケットの窓から)

はる 5060
 こんな彫刻が好きなのは自分には子供がいないせいかもしれない。電車などに乗っていて小さい子供が目の前に居たりするとほほを触りたくなる。これは危ないお爺さんだと思われるから手は出さないけれどね。何だろう、昔は子供が好きではなかったはずなのに、いつの間にか私の許容範囲に入ってきた。年を取ったということだろう。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3368)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて