あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

帰宅しました。 - 2015.03.31(ポケットの窓から)


はる 5017
 随分留守にしました。京都に約10日滞在しました。こんなに長く一所に滞在したことはなかったですね。まぁ今回は結婚30周年ということもあって少しお祝いもかねていいホテルには泊まれませんが長逗留という事にしました。そういう意味では私も相方も楽しめたのではないでしょうか。私は仕事が主体でしたが。。

 新しい場所というのは当然新しい人間関係ができて、それがとても楽しい。また京都の町中というのは東京などの大都会とはかなり違って、本当に細かいところが繊細でおしゃれだと思います。小さな町の八百屋さんとか魚屋さんや肉屋さんが昔のままでそのまま仕事が出来ているというのは凄いなと思う。活気があって生き生きとした雑踏があって楽しい。できたら京都に住みたいなぁという願望がまた出てきた。たぶん無理だけれどね。

 また再来年2017年の同じ頃にまたお世話になることになりました。京都の人たちにまたお会いできるのを楽しみにしております。それではまた。



comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3368)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて