あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

FC2 ブログランキング
            
ブログ村 美術ブログランキング

祝6000カウントプレゼント裸婦クロッキーを3点選んで送ります。ご希望者はメールホームに、お名前、ご住所をご記入の上お送りください。メールホーム

今日のアトリエ - 2015.03.01(ポケットの窓から)

はる 4987 (残り13)
 何に幸せを感じるのかというのは、もちろん千差万別、十人十色一概には言えません。まず健康でなきゃ何事も始まらんでしょうな。いまのところ特に大きな病気は発見されていないので何とも言えませんが、まぁでも痛いのは嫌だけど死ぬまで生きるととするなら、この歳まで生きたなら、病気もそれほど怖くはないように思う。あとまぁ老いて認知症が入るのはちょっと困るな。その前に何とかしたい。

 自分のやりたい事を生涯やり通して生きられたら、まぁそれが一番幸せだろう。好きな事をやり通すということは、反対に言うとそれ以外の事には頓着しないということで、例えば普通に就職して毎月決まった給料をもらって、計画的にローンを組んで家を持つとか、普通に結婚して家庭を持って、年一回は海外旅行をするとか、車はいつも新しいものでなければとか、老後はどこかのホームに入って年金暮らしで悠々自適に暮らすなどということはあきらめなければならない。いや諦めるというと願望がまだ透けて見える、正確にはどうでもよくなる。

 とにかく、一番の敵は世間並、みんながやっている、そういった世間並コードに洗脳されないことだ。皆がそう思う、みんながやっている、何も疑わずにそれが正しいと思うなら自分やりたいことをやり通すなどという事はたぶん出来ない。我がままと言えばその通りですが、カミサン以外には迷惑を今のところかけていないので許してください。

 ある意味、好きな事を生業にしなくては好きなことは続けられない。だからと言ってそれを商売にしようなどとは考えない。儲けることと好きなこと続けることとは全く違うことだ。商売は商売することに面白みがあるわけで、そのことを否定するつもりはない。商売が好きならそれに一生かければいい。儲けてください。

 私は好きな事を続けられればそれでいいのですよ。そうやって生きられれば、それが望みといえばのぞみで、それ以上でも以下でもありません。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3331)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (142)
作品 (116)
写真 (42)
今日のアトリエ (77)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (13)
you tube (95)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて