あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2015.02.21(ポケットの窓から)

はる 4979
 毎日この寝る前の一時間ぐらいパソコンの前でブログに何を書くか考えている。そうだ、今日はこれを書こうと考え着いた場合は割とすんなりとっかかりができる。今日のように何も考え着かない場合はどうするか?たった今頭によぎったことを書いてみる、最初の一言が出てくると意外にそれが引き金になって次々と出てくるものです。

 写真がある場合はそれについて、なぜこの写真を撮ったのか、何が面白いと思ったのか、興味を持ったのか、そんなことから描いてゆけばいい。しかしまぁ、こういった写メを載せることができるブログという機能はよくできている。

 ↑の写真は駐車場に行く手前の畑の写真。少し前までは田んぼや畑だった周りの風景も次第に宅地に替わってきた。この畑も一年中何も植えられないただの空き地になっている。世話をする人が高齢化して管理できないのだろう。全国にこういった農地がいっぱいあるのだろうな。

 買った方が安い。安い農作物を輸入した方が安くつくのだろう。単純に考えてそうすれば農業は確実につぶれる。市場の原理というのか市場経済、グローバル化そんなもので考えたら誰もまじめに農業やらないだろう。

 安ければいいのか、お金がすべてか、金儲けが全てか、物を消費しない、捨てない、使いまわす、成長しない、増やさない、買わない、競わない、戦わない、そんな完全な0成長型社会を作ったら世界中が驚くだろうな。老子の小国寡民もう一度考えてみようぜ。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3367)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (129)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて