あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2015.01.15(ポケットの窓から)
はる 4942
 はっきり言って宗教がらみいざこざはよくわからない。今回のフランスの新聞社襲撃の件でもそれだけを聞けば明らかにテロでイスラムに対する非難は当たっているように思うけれど、その新聞というのが問題でまぁ日本で言えばゴシップ記事ばかりを扱っているゴロツキ新聞、ヘイト新聞だったらどうだろう。それでも言論の自由を守れということになるのかな。

 よくは分からないね。一つ言えることはそういったことを利用して何か堂々と兵力を集めて対抗することに利用されるのではないかと危惧する。9.11も古くは真珠湾もそうだったけれど、これを上手く利用して大衆を戦争へと導こうとしているのではないか、結局はイスラムとキリスト教との一神教の対立かな。ばかな日本はそんなことにのこのこ出かけて行こうとしているのではないか。

 結局は誰かの思うつぼで、どこかで争うごとが起きれば軍事産業が儲かるわけで、市場原理主義もグローバル化も世界は一部の人の思惑で動いているのではないか。そんなうがった見方をしてしまう。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3371)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて