あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2015.01.13(ポケットの窓から)
はる 4940
 誰かのブログかFBに書いてあったけれど、作家の絵はその作家のライふスタイルとか生活観が自然と出るものだと思う。洋風の絵を描く作家の生活スタイルはやっぱり洋風な生活をしているものだろう。反対に純和風の生活スタイルから洋風の絵は生まれないだろう。

 よく言うのだが、ゴッホのような絵を描きたいと思う人は多いと思うのだが、ゴッホのように生きたいとは思わないだろう。ゴッホの絵は彼の生き方から出てきたもので、そういう生き方しかできなかった彼の生きざまが滲み出た絵だから人は感動するのだ。形だけ真似しても全く意味がないわけで、人それぞれ自分のスタイルの絵を描くしかないのだと思う。

 


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3371)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて