あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

存在することの不安 - 2014.12.15(画集「こたえてください」1)


存在することの不安  1997 油彩
F100


はる 4911
 絵は鏡である。第一は描いた作者の想いがある。それがどう受け止められたかは鑑賞者の受信能力による。どんな高尚な芸術も受け止める方にその感受性がなければただのガラクタにすぎない。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3368)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて