FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

物語絵 - 2014.12.11(画集「こたえてください」1)

「私風景」 1989
F100
油彩

画集「こたえてください」より
3-1「物語絵のように」
 何故絵を描くのか?という疑問がふと湧いてきた。花や風景や人物を一枚の絵に描いたとしても、多くの人にとってただの絵でしかない。他人事でなくもっと 人の心を巻き込みたい。一枚の絵に何ができるのか、観る人にもっとダイレクトにメッセージが伝えられないだろうか。絵の中に物語性のある絵巻物とか壁画に 興味が湧いてきた。
 この頃から絵にあったタイトルを考えるようになった。絵を描くことを含め、表現するということを考えた場合「ことば」の持つ力は大きなものがある。詩の ように短い「ことば」でイメージを伝える事が出来れば、さらに強いメッセージを伝えることができるのではないかと思った。

はる 4907
どこか誰かさんに読んで欲しい。ノーベル平和賞 マララさん17歳の演説
(なぜ「強い」といわれる国々は、戦争を生み出す力がとてもあるのに、平和をもたらすことにかけては弱いのでしょうか。なぜ、銃を与えることはとても簡単 なのに、本を与えることはとても難しいのでしょうか。なぜ戦車をつくることはとても簡単で、学校を建てることはとても難しいのでしょうか。)
恥ずかしくないか?
http://www.huffingtonpost.jp/2014/12/10/nobel-lecture-by-malala-yousafzai_n_6302682.html


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

 
 
りさんやきむさん、おばま君とぷーちん君にはよくいってやってください。もちろんしんぞう君は正座です。

そのとおり 
隣のしゅうさんにも言ってください(笑)。

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4086)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (277)
写真 (99)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (62)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて