FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

2 人物を風景のように - 2014.12.06(画集「こたえてください」1)
IMG_6167s.jpg

丘からの眺め
F80
1983

IMG_6162s.jpg

人物のいる風景
F80
1984

IMG_6178ss.jpg

風景の中の人物
F80
1984

はる 4902
 画集「こたえてください」より
 人物を風景のように

  ある時に漫画を読んでいたら、奇妙なことが書かれていた。それは近未来の話で、不老長寿を目指す人間社会は頭脳はもちろん、取り替えられる部品は全て機械と交換し、やがて人間は機械と融合して永遠の生命を得るというような話だった。

 無機物から何かの偶然で有機物が生まれた。案外、宇宙の成り立ちというのは融通無碍に無機と有機、相互に行き来しているのではないかと思った。

 一つの空間を風景と人物、静物というふうに分けるのではなく、一度全てを解体して組み直すということに没頭する。興味の中心が物から人間になって、キュビズムをさらに展開して人物と風景を同じ空間に溶け込むように配置する事に興味があった。




comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて