あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2014.11.06(ポケットの窓から)
はる 4871
 仕上がってもう、サインも入れた絵が少し気になったものだから手を入れ始めたら、どんどん変わって次第に壊れてゆく予感がしたらもうだめで、保身にまわるからどんどん絵が壊れてゆく。一気にだめになって、どうしようもなくなったので、あせって全面に金を塗って何とかしようと試みたらよけいにどうしようもない状態になってしまった。こういうことって私の場合よくある。いつも一か八かの博打のようなものだ。

 普通ならもう諦めて次の絵にかかるのだが、事情があってとにかく個展までに仕上げなきゃならない。どうするか?こうなると奥の手を使う。流しに持って行って水をどんどん流しながら今日塗りこんだ絵の具をワイヤーブラシでこすり落としてしまう。これもまた壊れてしまう可能性が半分以上ある。これで壊れるともう元にはもどらない。何か違うものになり替わる。どこまで落とすか、これも天の采配、運を天に任すしかない。

 今回はたまたま上手くいったようで、ここで止めておこう。さらにこの上から絵の具を乗せる。仕上がりはいつのことになるやら。


comment(2)

 
 
 9割完成した作品に手を入れ始めると、ほとんどが壊れてしまいます。でも壊れるとしてもやってしまうのが自分の性だと思います。いいか悪いかの判断は紙(神)一重ですな。

逆に 
私は、しばらく放っておいた描きかけの絵なんかが、「なんかこのままでもいいかも」って思えることが多くなってきました。

secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3368)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて