あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

個展5日目 - 2014.10.11(ポケットの窓から)

はる 4845
 個展5日目
 いよいよ明日で終わりです。終わりとなると少し寂しい気がします。ここは画廊に向かう途中の川沿いの公園です。松林のにおいが懐かしい。昔地元の公園(舞子公園)の松並木が有名だった。そこでよく遊んだ記憶がある。松は意外に繊細な樹で虫や病気で簡単に枯れてしまうらしい。これだけ大きくなるのは何年もかかるだろう。

 
 台風が不気味な動きをしている。昨年もそうだったが、よほど台風に縁があるようだ。会期中でないのがありがたい。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3368)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて