FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2014.09.27(ポケットの窓から)

はる 4831
 出来るだけ自分の目で見たもの、直接体験したことだけでものを考えたいと思うのだが、いずれにしろ何かしらの情報が必要になるし、入ってくる。報道されたものはどうやっても報道したものの、編集したものの意思が入ってくるわけで。真っ新な情報だけのソースなどという物はない。誰かが言ったことを「そうだって」という形で書けばそれがやがてデマや嘘に育ってしまう。世論などは簡単にそうやって作られる。

 特に我々は「私はこう考える」と思考する習慣がない。そういったことを徹底して教えられてきていない。みんな右へならえ方式の「自らを深く考えない」ことを何度もなんども繰り返し教え込まされる。自ら何も考えないロボットのような人格が日本人として最高のあり方のように教えられる。為政者にとってはその方が都合がいいからだ。

 もし本当に自分でものを考えられる人間なら、原発が地震の多いこの国で如何に不安定な存在か、危ない存在か、テロに合えばこの国はすぐに終わってしまうだろう。それなのに戦争に加担しようとしていることに黙っているのか、国民を犠牲にしてアメリカのいうことを聞くのか、そんなことに黙っていられるわけがないと思うのだ。

 もう一つ二つ爆発すれば分かるかもしれませんが、その時はもう日本は人が住めませんよ。そんなぎりぎりのところに今いるのですよ。


comment(2)

 
 
 そうですか。ちゃりんこは絵になります。あまりリアルに描かない方がいいですよ。見るのが楽しみです。

自転車 
今回、自転車を描いてみました。いつも榎並様の自転車を見て「いいな!」と思っていましたので・・
いざ描くと、ママチャリ・スポーツタイプ・子供自転車・クラッシック・いろんな自転車があり、それぞれ、のものを語るものだと思いました。
私の描いた自転車も、何かを語ってくれるといいのですが(笑)

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (238)
写真 (69)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (58)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて