FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

FC2 ブログランキング
            
ブログ村 美術ブログランキング
ブログ7000カウントプレゼント 希望する方は下記のメールホームにお名前とご住所を書いて送ってください。抽選で5名の方に2020年度画集をプレゼントいたします。締め切りは7000カウントの日まで。発表は発送に代えさせていただきます。
メールホーム
   

ポケットの窓から - 2014.08.26(ポケットの窓から)

はる 4799
 猫の後ろ姿さんに教えられたのだけれど、あるもので何とか工夫して暮らすというのを「ブリコラージュの実践」というそうだ。対極にあるのがエンジニアリング計画的に物事を進めるということだろうか。

 昨日の話の続きみたいなものだけれど、正確には自給自足ではないのだな。そんなに厳密に自ら作って何とかしようというのではない。もっとゆるい規制なんだな。ないものをねだるのではなく、あるものを徹底的に利用して工夫して暮らそうということじゃないかな。そこに創造性やイメージが入ってきて物を作ることが楽しくなるということのように思う。

 私たちが学生だった頃、「地球の上に生きる」というヒッピー生活の指南書があった。簡単な小屋の作り方とか家具の作り方、農作業やお金のかからない旅の仕方とか書かれていた。その中の最初の方に「満員電車に揺られて通勤するよりも森で木を切っていたい人へ」という呼びかけがある。(正確ではないかもしれません)このフレーズに結構感動したものだ。まぁあまり現実的ではないけれど、私などは憧れたものだ。あと、ソローの「森の生活」というのもあったな。

 あのヒッピーの文化もかたちを変えた「ブリコラージュの実践」ではないのかな。今ある場所で、出来うる限り、今手に入るもので何とか工夫して暮らすというのが、とにかく一番カッコいいと思うのだけどどうだろうか。

 眠くなったのでまた明日だな。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4080)
未分類 (211)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (255)
写真 (96)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (62)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて