あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

今日のアトリエ - 2014.08.13(ポケットの窓から)

はる 4786
 広島の原爆の日に、どこかでサトウサンペイさんの四コマ漫画をみた。これがなかなか鋭い着眼だったので、あぁこれをブログに書こうと思って忘れてしまっていた。で、何気に今日思い出したのはいいが、どうも半分しか覚えていなくて気になって仕方ない。

 「リメンバー パールハーバー」だけ覚えていたので、「さとうさんぺいリメンバーパールハーバー」で検索したら出てきた。これもすごいな。内容は下のリンクで読んでくださいな。
http://d.hatena.ne.jp/panojikara/20110806/1312594765

 英語の教養が薄いので間違えているかもしれませんが、お上が民を戦争に引きずり込もうとする場合に世論をそちらの方に持って行くやり方としてよく使われるのがこの「リメンバーパールハーバー的」なことだ。嘘か本当かまことの事はわからないけれど、太平洋戦争にアメリカ国民を巻き込むために事前に情報は知っていたけれど、真珠湾の攻撃を利用したという話を聞く。

 かの国でも未だによく使われる。日清戦争の屈辱を忘れるな。韓国併合を忘れるな。臥薪嘗胆(屈辱をわすれないために苦い胆をなめてその思いを新たにすること)。確かにやった方は簡単に忘れてやられた方は憎さ百倍で忘れることなんかできないというのはよくわかるし、確かに我々は相当悪いことをしてきたことは確かなことだろう。その責任を問うことは別問題として。

 イスラエルとパレスチナの争いも負の連鎖は人類が存在する限り続くのではないかとさえ思う。あれが悪い、これが悪い、お前のやったことは忘れない、子々孫々まで恨んでやる。皆殺しだ、、とやれば同じことの繰り返しなんだな。人間とはなんと罪深い生き物だ。なさけない。

 日本が戦争に負けた時「あぁもう戦争はこりごりだ。二度と戦争はしたくない」という気持ちが憲法九条を産んだ。たぶんすべての国民がもろ手を挙げて賛成したと思うんだ。ノーモア戦争だったんだ。これは理想なんだと思う。かなわないかもしれないが、恒久の平和を希求する世界中の人々が心の底から叫ぶべきだ。

「ノーモア広島」「ノーモア原発」「ノーモア戦争」


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3367)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (129)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて