あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

FC2 ブログランキング
            
ブログ村 美術ブログランキング

祝6000カウントプレゼント裸婦クロッキーを3点選んで送ります。ご希望者はメールホームに、お名前、ご住所をご記入の上お送りください。メールホーム

今日のアトリエ - 2014.07.19(ポケットの窓から)

はる 4761
 毎日何か書くとなると、いくら書くことが好きだとしてもなかなか続くものじゃない。最初は意気込んで何事かメッセージ性のあるかっこいい文章をと考えるのだけれど、これもそうだな半年も続ければネタがつきて息切れするだろう。習い事や芸事、勉強などに限らないのだろうけれど、毎日続けるということが、継続できるということが一つの能力である気がする。駄文も続けることで何かが見えてくるのかな。

 昨日の歳の話の続きのようなもの。今年還暦を迎えた「猫の後ろ姿」さんのブログを読んでいると、こんなことが書かれていた。これは須之内徹の「さらば気まぐれ美術館」の一説


 <六十歳になった頃、私はよく青春ということを言ったが、それは私の実感だった。六十歳になって、私はいろいろのものが よく見えるようになり、自分の心の動きが急に自由になったような気がしたのだ。一方、肉体的に衰えはまだ感じない。そして、だからこそかもしれないが、ま だまだ無分別な行動に自分を投げ込み、そこから当然起こる面倒を恐れないだけの気力もある。とすれば、これを青春と呼んで差支えないだろう。>

 わたしもそんな風に思うなぁ。ここ十年頑張ってみよう。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3335)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (142)
作品 (116)
写真 (42)
今日のアトリエ (77)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (13)
you tube (95)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて