FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

こたえてください - 2014.05.22(ポケットの窓から)
はる 4703
 何を書こうか。上の絵は今描いている20号の一部分、長いことかかってやっと何とか形になった。こういう形になってしまうと不思議なことに元々そこに最初からあったように見えてくるからおかしなものだな。男か女かこれだけではわかりませんが、ちょうちん袖になっている上着は何も手を加えていない。

 私の絵の描き方は普通とは少し違う。最初に私がこうだと決めた形や物語を絵にするわけではない。あーだ、こーだやっている内に偶然この世界に表れてきたものを私が拾い上げたものだ。で、この人は何を訴えるために私の絵に出てきたのか?もっともこの人は私の一部であるわけだから、少なくとも私の中に何かしらの原因というのか、話のタネがあるわけだ。それを足掛かりにして心の中を旅します。

 私のモチーフの中に、この斜め上に腕を持ち上げた形はとても多い。代表的なのが私の最初に小さな画集のタイトルにもなっている「こたえてください」という形。たぶんこの形は私の一生のテーマだと思っている。ある種宗教的な意味合いが強くかんじられるけれど、そうではなくて何かしら問い続けるということが私が絵を描く動機になっていると思えるからだ。

 根本的な存在を問うということを「こたえてください」という言葉に凝縮しているように思う。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて