FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

台所の換気扇の掃除をした。 - 2004.12.28(日記)
はる 1289
 台所の換気扇やその周りの掃除をした。半年もすれば換気扇の周りは油だらけになる。特に油だまりにはべっとりとしたグリース状のオイルがいつのまにか溜まっている。これがなかなか気持ちが悪い。

 高校時代に食物連鎖の話を聞いたことがある。それによればあらゆるものの最終コーナーに人間がいるそうだ。食べることにかけては人類ほど強欲で、悪食な静物はいなかもしれない。まぁそれもこれも人類が火を使えるようになったからなんだろうけれど、皮肉なことにその火が今度は人類の首をしめにかかってるということかな。

 で話は戻って、面白いなぁと思ったのは、爬虫類とか両生類とか、昆虫なんかもそうだと思うのだけれど、変温動物というのは自分たちの行動が外界の温度に左右される。よく春になって暖かくなってきたころトカゲが岩場で日向ぼっこしている光景に出くわすけれど、優雅にお昼寝かい!とかんちがいするけれど、あれは太陽の熱を体に受けて体温を上げているんだな。そうしないと彼らは動けなくなってしまうようだ。

 我々のような恒温動物というのは,体の中に体温を一定に保つボイラーを持っている。そのためにどんなに寒いところでも、また暑いところでも生活できるようになったのだけれど、そのエネルギーは何から取っているかといえば、温かく料理された食べ物から取っているのだな。

 特に人類が猿から分かれることが出来たのは、この動物性の脂肪(油)を効率よく取る調理(熱を加える)という方法を覚えたからだろう。

 という訳で台所の換気扇にべっとりと油がこべりつくのは仕方のないことで、半年に一回は掃除しろよと言う話さ・・。ではまた明日。



FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (101)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて