あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

FC2 ブログランキング
            
ブログ村 美術ブログランキング

祝6000カウントプレゼント裸婦クロッキーを3点選んで送ります。ご希望者はメールホームに、お名前、ご住所をご記入の上お送りください。メールホーム

ポケットの窓か - 2014.04.11(ポケットの窓から)
はる 4662
 小学生の低学年だったころに、隣のお兄さんが鉄道マニアというのか、今でいうとジオラマみたいな模型をつくって遊んでいた。小さな電車の模型を買ってくるのではなくて自分でつくって綺麗に着彩して、どこまでもリアルに再現するというようなことに凝っている子供だった。今でいうなら完全に模型オタクだな。

 私は模型みたいなものに全く興味が持てなかったということもあるけれど、大きな理由は模型を作るのにはかなりお小遣いが必要だということだった気がする。で、そのお兄さんと色々必要なおもちゃをこしらえて遊んだ記憶がある。

 一番印象に残っているのは電磁石を使った電信かな。今と違って携帯電話などないわけで、子供同士がもちろん電話でやり取りなどできるわけもない。というわけで理科の勉強でならった電磁石の電信機をを使って遠く離れた友達とモールス信号で話をするということに燃えた。

 このモールス信号というのがなかなか難しくて、日本語では五十四文字が長短の連続した音(トン・ツー)に対応するように割り振られているのだけれど、送られてきた信号(・・・---・・・、・・・・----、・-)を読めるように変換するのは並大抵のことではない。

 その次にやったのが、鉱石ラジオに使われているイヤホンをつかった電話だ。これはあまり知られていないのだけれど、イヤホンはマイクにもなるのだよ。計4つあれば電気も使わず結構遠くまで電話として使えるのだ。その後同じ学年の近所の友達のところまで有線の電話として利用した経験がある。毎日時間を決めて交信した。これはいまのインターネットとやや似ている。

 


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3330)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (142)
作品 (116)
写真 (42)
今日のアトリエ (77)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (13)
you tube (95)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて