あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

FC2 ブログランキング
            
ブログ村 美術ブログランキング

祝6000カウントプレゼント裸婦クロッキーを3点選んで送ります。ご希望者はメールホームに、お名前、ご住所をご記入の上お送りください。メールホーム

花一輪 - 2014.02.23(作品)
はる 4615

 自分の人生の中で「花一輪」を取るかどうか、そんなことを一生懸命考えたことがある。無駄を省く、シンプルに暮らす、質実剛健を突き詰めてゆくと最終的には花一輪さえも入り込む余地はない。無駄といえばこれほど無駄なものはない。

 衣食住、の中で無駄なものを省いてシンプルに暮らすのはいいのだけれど、それを徹底して行くと我々のしごとの存在意味というのがなくなってしまう。人は本当に必要なものだけで暮らして満足なのかということだな。

 古い古墳の土を調べてゆくと花の花粉がたくさん見つかったそうだ。想う人が亡くなった時に花を手向けることで人は動物から人間になった。我々の仕事は一輪の花のようなものだ。
 


comment(2)

 
 
 必ず誰かが必要としていると思いますよ。

 
僕の仕事も「一輪の花」であってほしいと切に思います。

secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3333)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (142)
作品 (116)
写真 (42)
今日のアトリエ (77)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (13)
you tube (95)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて