あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2014.02.22(ポケットの窓から)
はる 4614
 今回の雪で多くのブドウ棚が被害にあったようだ。そりゃ1mも雪が積もるようには考えていなかった訳だから仕方ないといえばその通りなんだけれど、せっかく育てた樹が無残に折れてしまったのは何とも悔しいだろうな。特にハウス栽培の早生ものは被害が甚大だろう。どんなに気を付けていても自然災害というのは想定外のことが起きる。人類の思惑など全くもろくもくずれる。しかし、まぁどんなことがあっても必ず復活してきたのも人なんだけれどね。

 イタリアなどの栽培方法は日本のように棚にはしない。まるで生垣のように横に蔓を伸ばす。まぁそのほうが収穫はしやすいように思うけれど、耕地の無駄は多い。日本式の棚にする方法は狭い国土には向いているようにも思うけれど、手間と暇が随分違う。太陽の光を無駄なく取り込むには日本式の棚のほうが断然効率がいい。

 こうやって我々はこまめに手をかけて物を作ってきた訳だから、少し話は飛躍するけれど、たとえばそれを太陽光発電に向けてもすんなり了解されると思うけれどね。国の方針としてこれからは自然エネルギーで行くと決めればどんどん加速度的に進んでいくとおもうけれどな。どこかの誰かが自分たちの既得権の確保のために、国の未来を食いつぶしている。

 小さい国なんだから、人も少なくなるんだから、今まで同じようには済まないだろう。経済経済というけれど、いつまでも成長するわけはない。国力は次第に落ちてくるだろう。それでもこの国は魅力ある国であるためには、世界の人々からあこがれの、尊敬の対象になるには、今ここで選択をして大きく変わってゆかねばならない。世界に向かって力を誇示するのではなく、たとえば脱原発で省エネな国として、人々が豊かに希望を持って生きている。そんな風にならないものか。今が最後のチャンスだ。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3371)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて