FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

FC2 ブログランキング
            
ブログ村 美術ブログランキング
ブログ7000カウントプレゼント 希望する方は下記のメールホームにお名前とご住所を書いて送ってください。抽選で5名の方に2020年度画集をプレゼントいたします。締め切りは7000カウントの日まで。発表は発送に代えさせていただきます。
メールホーム
   

天使の門 - 2005.11.13(ベッドの上の王国)

0415n1s1

ベットの上の王国

「天使の門」  2000 4/15の1

2000年の4/12から約一ヶ月間、生涯で始めての入院生活を経験した。治療は胃の全摘出。色々あってこの四月に一応安全といわれる五年間が過ぎました。ここでの生活は今まで以上に「いま、このとき」を大切にしなければという思いにかられた。


 このネット日記の最初は掲示板につづったものだったけれど、退院して何気なく日常が過ぎてしまうことにあ然とした。まぁ無駄かもしれないけれど、こうやって日々を記録しておくことも何かのたしになるのではないかと思って始めたものです。


 この「ベットの上の王国」はその時に、ベットの上で落書きしたものです。人様に見せられるようなものでもないのですが、「悲しい人にしか見えない」何かが描かれているようにおもいます。一度ブログで発表したものですが、もう一度載せることにしました。


はる 1610
 今日はいい天気だった。秋空のこういった天気のいい日曜日というのは、何となく幸せを感じる。小市民だな。

 一日かかって額装を済ませる。絵というのは裸で見る場合と、ちゃんと額装された時とでは全く違う表情をみせる。はったりかもしれないけれど、馬子にも衣装、精一杯おしゃれして自分を売り込んでいるようだ。

 額そうして、ひっくり返して見る瞬間が好きだ。どんなにおお化けしているのか、反対に悪くなる場合もあるわけで、そこのところが難しい。

 さて、オープニングのパーティをどうするか、思案する。パーティなんてガラでもないけれど、地元の個展は一年に一回のお祭りみたいなものだ。下山君のコンサートを始めたのも、お祭り気分を盛り上げるためといえば、怒られるか。

 人生はそう長くない。個展も何回できるかわからないわけで、やれる時は精一杯楽しみたい。楽しんでもらいたい。

 さぁ、いくでぇ~!

 ということで、又明日。



comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4080)
未分類 (211)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (259)
写真 (96)
今日のアトリエ (84)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (62)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて