あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ポケットの窓から - 2013.11.02(ポケットの窓から)


はる 4501
先日実家に帰った時に少し重くなるけれどiPadをもって行った。今まで旅に出た時はホテルのパソコンを使ってブログを更新したりネットを見たりしたいたのだけれど、最近はどこでも無線LANが繋がっていて自分のiPadで色んな事が出来るようになってきた。私の携帯はガラ系と言われる昔ながらの折りたたみ式のでんわですが、たぶんこれがアイホンになればもっと便利になるのかもしれない。いまこうやって記事を書いているのもiPadです。

しかしなんだね。こうやって自分の膝の上にこんな小さな電子ブックのようなツールを置いて、日記を書く時代がくるとはだれも思わなかった。
閑話休題
日展の話は今日も出ていたけれど、一流の新聞がトップ記事で取り上げなければならないビックニュースだとはおもわないね。みんな暗黙の了解でやってきたことで、それを正義感ヅラしてあげつらってもだれもよくやったとは言わないとおもうよ。反対に例えば東電のどうしようもない無責任さとか政府との癒着、そんなことの方がもっと大きな悪が隠れているわけで、弱い比較的に叩きやすい、壊れかけのジイさんの組織をたたいてもどこかに目線をそらせるためじゃないのかと疑ってしまうな。

すこしまえにもかいたけれど、もう団体展の時代じゃない、もっといえば額縁絵画の時代はもうすでに随分前に終わっているようにも思うな。個人的にあんな大袈裟な時代物のような絵を掛ける家などないだろう。今の時代に合わないような代物を作っているわけだから、必要ないものだから、そんなところから時代を代弁する芸術が出てくるとは思えないな。 ある種趣味の団体になっているわけだから、それを社会の悪の根元みたいに言って糾弾しても何か場違い、ドンキホーテのような道化を感じてしまうな。矢面に立たされている人物が私の恩師だからよけいにかばいたくなる。私は日展ではありませんが。





comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3368)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (144)
作品 (130)
写真 (44)
今日のアトリエ (79)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (14)
you tube (96)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて