FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

等身大の度量 - 2013.09.11(ポケットの窓から)

はる 4449
 この歳になると自分の度量というのがどのくらいのものかだいたい分る。人は生きてきたように死んでゆくということを聞いた。今以上でもこれ以下でもない、等身大のわたしの度量というのが今の私を取り巻く状況なんだと思う。

 いまさら嘆いていても始まらない。しっかり居直って甘んじてそれを受け入れよう。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4013)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (164)
作品 (223)
写真 (67)
今日のアトリエ (81)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (35)
you tube (101)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて