あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

FC2 ブログランキング
            
ブログ村 美術ブログランキング

祝6000カウントプレゼント裸婦クロッキーを3点選んで送ります。ご希望者はメールホームに、お名前、ご住所をご記入の上お送りください。メールホーム

おとづれる - 2013.09.04(ポケットの窓から)

はる 4442
 白川静によると「門」というのは明らかに象形文字だ。けれど今我々が考えている家の門とは違う。そりゃそうだろう、考えてみれば分るけれど、何千年も前に普通の庶民の家に門があるはずがない。この門は神がおわす神殿の門だそうだ。

 「問」とはどういうことか?実はこの神殿の門前に蓋つきの入れ物(これを口サイという)に願い事を書いて神のご神託を待った、これを「問う」という。

 神はそれに答えて音を連れてくる。それを「おとづれる」という。神経を研ぎ澄ますために光があってはならないそれを「闇」という。そしてその音を「聞く」のである。

 これって目からうろこの凄い事じゃね。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (3332)
未分類 (203)
日記 (935)
ベッドの上の王国 (13)
裸婦クロッキー (142)
作品 (116)
写真 (42)
今日のアトリエ (77)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (13)
you tube (95)
原発 (73)
イタリアスケッチ (7)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (1)
フリーエリア

designed by まて