FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

何故これが好きなのか - 2013.07.02(ポケットの窓から)

はる 4378
 やっと玄関に戸が入った。今日は仕事で出ていたために夜の様子しか写真に撮れません。又明日にでも昼間の様子を報告しましょう。誰も待ってはいないと思いますが・・。全面ガラスの格子戸にしました。見本にしたのはお蔵の升格子 http://e-nobiru.com/detail_3012.asp 古材バンクに行った時に見つけたお蔵の戸がカッコよかったのですが、なにぶん大きすぎたのと重すぎて今の玄関には無理。何とか自分で加工できるのも高さが低すぎて却下。というわけでこんな感じになりました。どうでしょうか。

 自分の家の玄関扉を何とか改修したいと思っていると、自然に色んな家の玄関に目が行く。今まではほとんど見向きもしなかった場所に俄然注目度がアップする。どんな玄関にしたいのか、どんな扉を欲しているのか、見本にするのは何なのか、そんなことを考える。

 サッシ屋さんのカタログを見ればそれこそ幾つもの見本が並んでいる。施主は否が応でもその中から探す事になる。多くは値段と見場と業者さんのお勧めできめる事になる。自分の好みというのは案外あやふやで、専門家が勧めるならが間違いないなどと思ってしまう。これは選択の誤魔化しで自分で決めた様に見えるけれど、実際は何も決めていない。

 二つあってどちらを選ぶか?とき聞かれると普通一方を選ぶ。選んだ方は明らかに自分が選んだと思う。しかし、本質的に積極的に自分の好みを選択したということではない。二者択一的に選んだだけなのだな。多くの場合ここで誤魔化される。貴方が選んだのだから、後でクレームつけるなよと言うわけだ。

 実際よほどの偏屈か何かのこだわりがない限り、多くの場合こうやって物事が決められてゆくことが多い。自分が好みだと考えている事も実は誰かの選択肢にまんまと引っかかっただけなのかもしれないな。

 自分は何故それに引っかかりを感じたのか、好きなのか、一つ前まで戻る必要がある。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(2)

 
 
 なるほど、座敷牢というのはあたっているかもしれませんね。さしずめ私は牢名主ですね。

 
教会みたいな雰囲気ですね。それとも、「座敷牢」か?!

secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4099)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (101)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて