FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

ひちごさんの秘密 - 2013.06.19(ポケットの窓から)

はる 4365
 なぜか素数が好きだ。といっても例の数学者の話ではない。簡単な日常生活でのはなし。日本の習慣にはよく素数が使われる。3,3,9度の杯(9は素数ではありませんが)とか3,3,7拍子とか7,5,3とかね。これすべて素数だ。ちなみに素数とは1とそれ自身でしか割り切れない数のこと、勿論ご存知ですよね。

 なぜ素数が好きか?といえば何となくだけれど、無垢で頑固で一本筋が通っている感じがするんだよね。例えば偶数なんか必ず2で割り切れるわけだ。一億でも二億でも一兆でも偶数だから必ず2で割り切れる。何も考えなくても簡単に割り切れるその安易さが気に食わない。だれにでも迎合する節操のなさを感じる。

 それに比べて素数は割れる数が2つしかない。その潔さ、潔癖さは聖母マリアのようだ。

 すこし話は脱線するのだけれど、この3:5:7という比率は全体を10とすると大体どのくらいかとアバウトで計算すると2:3:5ぐらいになる。この2,3,5と進んでゆく数列にフボナッチの数列というのがある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%9C%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%81%E6%95%B0

実際は 0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987・・・・・と続いて行くのですが、この数列の興味深いところは前の数と後ろの数の比が黄金比=1.618に近づいてゆくことです。ちなみに987÷610=1.618032・・です。

 で、何が言いたいのかと言うとですな。ヒチゴサンという純和風の比率が実は西欧の美の比率であるところの黄金比と繋がってゆく魔法の比率だということを言いたかったわけです。お粗末様。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて