FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

「自分を知る」ということ - 2013.03.31(ポケットの窓から)

はる 4285
 今日で三月も終わる。いつもながらこのところ時間は飛ぶように過ぎてゆく。恐ろしいものだ。

 教えるのは難しい。一番簡単なのは自分の方法を教えることだ。まぁ自分のやり方をコピーするわけだから、ある程度時間があれば習得する事は可能だろう。教わる方も目標が見えるわけだから、教わりやすいかもしれない。ゴールが見えているわけだ。だから反対に言えばその目標をクリアーすれば卒業と言う事になる。いわゆるハウツーものというのはそんなところをターゲットにしているの分りやすいのだろう。百人いれば百個のパターンがある。
 
 芸事というのは基本的に世阿弥のいう「守・破・離」だと思う。最初は師匠について徹底的に真似をする、コピーする。これが守だな。その後は言葉通り破って、やがては離れる。しかし、これは芸の型(スタイル)についていっているのではないかな。

 学校の生徒などに言うことは、私は絵の先生ではない。美術と言う授業を通して見方や見え方、感じ方、もっと言えば人としての生き方を考えるきっかけになればいいと思っている。具体的に言えば、教科はなんでもいいのだ。生徒にやる気と言う火種に火をつけるだけで後は生徒が勝手に燃えてくれるのを待つ。教えることが主ではない、どうやると面白くなるのか、続けられるのか、その方法を自分で考えることだろう。そのきっかけを作ること、それが私の仕事だと思っている。

 突き詰めると、結局「自分を知る」ということなんだ。これは一生かかっても卒業する事はない。永遠のテーマでもある。そのお手伝いをするのが私の仕事かなと思っている。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4102)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて