FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

楽しければ人は自然に集まってくる - 2013.03.14(ポケットの窓から)

はる 4268
 午前中、春の嵐の中免許の更新に出かける。今回はゴールド免許ということで30分の講習受講だけで即日交付された。更新料金が¥2000で手数料が¥650で3000円で済むと思ったら、交通安全協会加入をほぼ義務付けられていて入会は自由なんだけれど、あの状態で断ることはちょっと勇気がいる。何らかの不都合があるなら2000円ぐらいと思うのだが、このお金は安全協会の重要な収入源になっているらしい。そうやって見渡すと何とか協会というわけの分らん圧力団体は結構多い。

 甲府の街中がいま建設ラッシュ。県庁が10階建てぐらいのでかいビルディング、市役所がこれまた5,6階建てのお洒落なファッションビルのような空間のたっぷりあるビルになっている。まぁここだけを見るととても死にかけた町とは思えない華やいだ街中にみえる。特に夜になると今は最終的な工事段階にはいっているのか、雛まつりのボンボリによく似た照明灯が何機もたって昼間のように明るく照らし出して、静まり返った人のいない街に工事関係者だけが立ち働いている奇妙な空間を演じているな。もうすぐそれも終わるのかな。

 街中がシャッター通りになって久しい。上に立つ人たちは街中活性化、町おこしに頭を痛めている。空き店舗やスペースをつかってアートで町おこしなどと言う事も何度も関わってみた。少しは根付いてきたところもあるけれど、どうなんだろう、あまり一般の人の関心を呼ぶまでには至ってないのじゃないかな。

 街中で言えば一箇所でいい、一通りでいいから人が歩いてショッピングを楽しめる、歩いて楽しい、そんな場所が欲しい。人が街に求める楽しさはただ物を買うため、食べるためだけではない。街中という舞台を歩く役者でもあるし観客にもなっている。歩く人が似合う町並みであって欲しいし、集まる人を何気に観てもいたいわけだ。それが街に多くの人を集める魅力になっている。

 楽しければ人は何度もやってくる、自然に集まってくる。こうすべき、こうあればというだけでは人は動かない。


FC2 ブログランキング  いいね!と思ったら押してください。
comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4104)
未分類 (219)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (169)
作品 (284)
写真 (104)
今日のアトリエ (85)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (63)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (22)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (8)
フリーエリア
フリーエリア

designed by まて