FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

義務では続かない。 - 2013.02.27(ポケットの窓から)

はる 4254
 私が日記を書き始めたのは中学生の頃だった。当時は何を考えて日記を始めたのかその内容も覚えてはいないのだけれど、誰かから貰った小さな手帳の備忘録のようなものだった。今から考えると日々そんなに忙しくはなかったとは思うのだけれど、何をつけていたいたのか見て見たい気もする。

 意識的に日記を書き始めたのは高校に入ってからだ。その頃の事はよく覚えている。誰でもが通る青い時だけれど、当時の事は恥ずかしくてあまり思い出したくもない。日記はそんな事もあって、ある時に全部まとめて捨ててしまった。いまでも後悔はしていない。このブログなどもそうだけれど、日記など読み返すことはない。こういった雑文は日々生きて考えていることの過程みたいなもので、書いたそばから消えてゆく陽炎のようなものだ。

 今でもそうだけれどものを考える時にメモを取る。メモといった奇麗に清書されたものではないけれど、自分だけが読めるような速記のようなものだろうか。そうやって書きながら考えないと同じ事を堂々巡りで考えが深くならない、まとまらないからだ。これは長い間の習慣のようなもので、そうやって溜まったメモは読み返すことはなく捨ててしまう。思考のカスのようなものかな。

 こうやって毎日書くブログなどもそういったものに近いものだろうけれど、これはある程度人様に見られるという事を前提に書いているので、少しは他者を意識したものだ。

 ブログの更新がよく続きますね、大変でしょうと聞かれることがあるのだけれど、今日は何を書こうか、何を考えようか、というのが私にとって一つの楽しみでもあるわけで、多分楽しくなければ、義務では続かないと思う。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて