FC2ブログ

あそびべのHARU・ここだけの日々
画家・榎並和春

敵は我が心の中にいる - 2013.02.06(ポケットの窓から)

はる 4233
 新聞にしろテレビにしろ今日の一面はかの国のレーザー照準の話だった。ついこのあいだも何気なく新聞を読んでいたら、わが国の自衛隊の装備も充実しているので、短期勝負なら勝つだろうなどという記事がまことしやかに書かれていた。えっと驚く。ここだけ見れば明らかに煽っているだろう。新聞は公器のような、中立のような顔をして世論を煽ってどこかきな臭いところへ持ってゆこうとしている。

 確かに事実かもしれないけれど、その部分だけ大げさに書きたてればクローズアップされて、事実がゆがんで見える。そのことは百も承知で,明らかに何かの意図を持って書きたてる。あたかもそれは多くの人が知らなければならない事実のようにね。

 絵を描いたり、写真を撮ったり、デザインや音楽など表現することを少しでもかじった者なら、表現されたものには意図があることを知っているはずだ。反対に意図のない物は表現とは言わない。何気に自然にさりげなく見えて、その奥には表現者のしたたかな意図が隠れている。

 今回のこの一連の報道の意図はどこにあるのか充分に考えなくてはならない。簡単にその報道に乗せられてはいけない。敵は我が心の中にいるのだ。


comment(0)

 
secret


カテゴリ
アーカイブ
シンプルアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

あそびべのはる

Author:あそびべのはる
画家・榎並和春です。HPはあそびべのHARU・ここだけの美術館

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ポケットの窓から (4075)
未分類 (209)
日記 (942)
ベッドの上の王国 (15)
裸婦クロッキー (166)
作品 (236)
写真 (69)
今日のアトリエ (83)
「家族ごっこ」挿絵 (10)
未選択 (45)
ブログ (57)
you tube (102)
原発 (75)
イタリアスケッチ (21)
画集「こたえてください」1 (24)
「こたえてください」2 (6)
「山峡」挿絵 (7)
動画 (7)
フリーエリア

designed by まて